初級者編 Filmora

Filmoraで動画をDVDに書き込み作成(出力)する方法【注意点3つ】

2022年11月24日

※アフィリエイト広告を利用しています

Filmoraで動画をDVDに書き込み作成(出力)する方法【注意点3つ】

動画編集初心者です。

Filmoraで動画をDVDに書き込み作成する方法について教えてください。

ぺんくん
ぺんくん

このような声にお応えして参考となる記事をご用意しました。

こちらの記事ではWondershareの動画編集ソフトFilmora(フィモーラ)で

動画やムービーをDVDに書き込みする方法

を解説します。

記事の内容を実践していただくだけで簡単にDVDが完成しますよ。

私はパソコン歴25年以上+動画編集歴10年以上。

これまでに30種類以上の動画編集ソフトや動画変換ソフトを使ってきました。

Filmoraは初心者から中級者まで使える動画編集ソフトなのでDVDへの書き込みも比較的簡単です。

しかし状況によっては

  • 書き込めない・失敗する
  • DVD再生できない
  • PCでは再生できるけれどレコーダーでDVD再生ができない
  • 映像と音がずれる
  • 音飛びや音割れがする・映像がカクカクする
  • 画質が悪い

など、上手くいかない場合もあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

PCの環境が人それぞれ違うので、動画編集は色々なトラブルがあります。

おかくん
おかくん

Filmoraの使い方を学ぶならudemyの講座がおすすめです。

\只今キャンペーン中/

udemyの公式サイトはこちら

※業界最安値!

Filmoraの使い方を学べる本や動画は以下の記事で詳しく解説していますのでご覧下さい。

こちらもCHECK

Filmoraの使い方を学べる本やチュートリアル動画おすすめ5選のサムネイル
【本】Filmora使い方を学ぶ方法おすすめ5選【チュートリアル動画も】

Filmoraの使い方を知りたいあなたへ。当記事では動画編集ソフトFilmoraの使い方を学べる本や動画を紹介しています。記事の内容を見ていただくことで、スムーズに動画編集を始めることができますよ。どうぞご覧下さい。

続きを見る

Filmoraの設定や使い方について

動画編集の画面

Filmoraの初期設定や動画やムービーをインポートするなど、基本的な使い方は下記の記事で解説していますので必要な方は先にご覧下さい。

【使い方】Wondershare Filmoraを5ステップで解説!【初心者向け】

Filmoraで書き込みに失敗しないDVDの選び方

動画編集ソフトで書き込みできるDVDはたくさんあって選ぶのが難しいです。

動画編集ソフトで書き込みする場合は何度も書き込みできるRWではなく

4.7GBのDVD-Rか8.5GBのDVD-R DL

をおすすめします。

理由はRの方がコスパが良く、書き込み速度が速く、書き込みエラーも比較的少ないからです。

1枚当たり20円なので万が一失敗してもそんなに損失が無いです。

以下に市販されている主なDVDをまとめました。

名称容量書込みできる
回数
特徴
DVDーR4.7GB1回安価
DVD+R4.7GB1回日本では
少ない
規格
DVD-RW4.7GB約1000回何度も
書込み
できる
DVD+RW4.7GB約1000回日本では
少ない
規格
DVD-R DL8.5GB1回二層式
DVD-RAM4.7GB約10万回互換性が
低い
市販されているDVD一覧表

ーと+はメーカーの規格による違いです。

+は【DVD+RWアライアンス】という団体が後から独自に作った規格で日本ではあまり普及しませんでした。

海外では+(プラス)が多いようですが、日本ではー(マイナス)が一般的です。

最近のDVDプレイヤーでは+でもーでも再生できるものが多いですが、ひと昔前は+が再生できないことがありました。

ソニーのベータとパナソニックのVHSビデオのような違いです。

おかくん
おかくん

また、書き込み練習用にDVD-RWを1枚持っておくと便利です。

編集した動画は実際にDVDプレイヤーで見てみないと分からないものです。なので

  1. ある程度編集作業が完成した時点でDVD-RWに書き込む
  2. DVDプレイヤーなどで動画を確認する
  3. Filmoraで動画を修正する
  4. 再度DVDプレイヤーなどで動画を確認する
  5. ③と④を繰り返し100%完成したらDVD-Rに書き込む
  6. パソコンで再生できるか確認する
  7. DVDプレイヤーでも再生できるか確認する

という手順で行うと失敗や無駄がありません。

これまでに1000枚以上書き込みしてきた私の結論です。

パソコンで再生できてもDVDプレイヤーでは再生できない場合があるので必ずパソコン以外でも試しましょう。

RWとRを上手に組み合わせて使いましょう。

おかくん
おかくん

最終的にDVDに書き込むなら容量に応じて下記の2つのディスクを用意しましょう。

ディスク種類DVD-RDVD-R DL
容量4.7GB8.5GB
書込み
可能時間
約2時間30分約4時間30分
フルHD(1920×1080)画質で
タイムラインに配置した場合

保存する時間に応じてDVD-RかDVD-R DLを選びます。2種類持っておくと作成する時間にそれぞれ対応できます。

選ぶ注意点として

  • 録画用とデータディスク用がある
  • 録画用でも書き込みは問題なくできるが、私の経験上、データディスク用のほうがエラーは少ない
  • ラベル面がホワイトのインクジェットプリンタ対応だと綺麗に印刷できるのでおすすめ

経験上の話なので実際はどうなのか不明です。

おかくん
おかくん

⇧バーベイタムという50年くらい歴史のある会社です。元はアメリカで設立された会社ですが、現在の親会社は台湾のCMC Magnetics。

日本の三菱化学メディアの技術が詰まっています。50枚1000円で購入できるため比較的安価で書き込みエラーも0に近いです。

4.7GBと8.5GBを取り扱っており、ラベル面がインクジェットプリンタ対応なので綺麗に印刷できます。

パナソニックやソニーなどもおすすめですが、コスパを考えると、これ以上のディスクは無いです。

おかくん
おかくん
created by Rinker
バーベイタムジャパン(Verbatim Japan)
¥1,380 (2024/02/25 02:13:05時点 Amazon調べ-詳細)

Filmoraで作成できるDVDは画質悪い?(DVD-Video規格について)

デメリット

Filmoraで作成できるDVDは画質悪いの?という声が多いです。

結論から言うとFilmoraでDVDに書き込みできる画質は720×480のみなので画質は確かに劣ります。

なぜなら他のDVDプレイヤーで再生できるDVD-Videoという規格が720×480という画質に決まっているからです。

DVD規格には「AVCHD」というフルHD(1920×1080)画質まで書き込める規格もありますが、

  • AVCHD対応のDVDプレイヤーでしか再生できないため汎用性は劣る
  • フルHD画質だと4.7GBのDVDに30分くらいしか書き込みできない

というデメリットもあります。

画質にこだわる人はAVCHDやブルーレイに書き込みできるPowerDirectorがおすすめです。

フルHDに比べたら確かに劣りますが、十分見れる画質です。

レンタルDVDは全て720×480です。

おかくん
おかくん
画質FilmoraPowerDirector
720×480
DVD
Video
HD
1280×720
AVCHD
DVD
不可
フルHD
1920×
1080
AVCHD
DVD
不可
フルHD
1920×
1080
ブルーレイ
不可
4K
3,840×
1920
ブルーレイ
不可
FilmoraとPowerDirector
書込み画質比較表

⇩PowerDirectorについては下記の記事で詳しく解説しています。

【徹底評価!】PowerDirectorの評判や口コミは?10年以上使ってレビュー

PowerDirectorは一番売れている動画編集ソフトです。

初心者の人におすすめです。

おかくん
おかくん

Filmoraで動画をDVDに書き込み作成(出力)する際の注意点3つ

動画編集がひと通り完了したらいよいよDVDに書き込みます。

FilmoraでDVDに書き込む際の設定
  1. 編集画面上部①の「エクスポート」から②の「DVD」を選択する
  2. ③はラベル名(半角英数字)のみ入力し、あとは基本的にデフォルト状態でOK
  3. ④にチェックを入れる
  4. GPU搭載のパソコンの場合、⑤の「GPUアクセラレーション」にチェックを入れると書き込み時間が早くなる場合がある
  5. ⑥で書き込み開始

ラベル名を漢字で入力すると書き込みエラーになる場合があります。

半角英数字で入力しましょう。

おかくん
おかくん

ポイント

  • アスペクト比は4:3も選べますが、現在の主流は16:9です
  • テレビ規格は日本で見る場合はNTSCです(詳しくはこちら
  • Filmoraは書き込み速度は指定できません(挿入したDVDによって自動的に書き込み速度が変わる)

ラベル名はDVDをパソコンに入れた時に表示される名前です。

特に重要ではありませんが、分かる名前を付けておきましょう。

おかくん
おかくん

Filmoraで動画をDVDに書き込み作成(出力)する際の注意点は以下の3つです。

  1. エンコードモードについて
  2. ビデオ画質について
  3. ディスクの種類はDVD-5か?DVD-9か?

以下でそれぞれ詳しく解説します。

おかくん
おかくん

①エンコードモードについて

エンコードモード

エンコードモードの選択について「CBR」か「VBR」で迷う場合があります。

正直どちらでも問題ないですが、品質を選ぶならVBRを選択しましょう。

エンコードとは映像データを圧縮することをいいますが、Filmoraで選択できるエンコード方式が以下の2種類あります。

  • CBR(固定ビットレート)
  • VBR(可変ビットレート)

ビットレートは音声や映像データを圧縮する際の1秒当たりのデータ量のことを表します。

ビットレートの値が大きいと、音声や映像の質は向上しますが、データ量が多くなってしまうデメリットがあります。

どちらの方式が良いかは一概には判断できず、以下の特徴があります。

項目CBRVBR
方式固定可変
品質ばらつき
やすい
とても
高品質
圧縮速度高速高速
ビットレート比較表

VBRで書き込んでみて、書き込みできない場合は「CBR」を選択しましょう。

実際に書き込んでみましたが違いは正直分かりません。

エンコードについてはこちらの記事を参考にしてください。

おかくん
おかくん

②ビデオ画質について

ビデオ画質

ビデオ画質が3種類選択できますが、違いは無いです。

最高画質を選んでも標準品質を選んでもDVD-Video方式(720×480)に変わりはないからです。

気になったので一応公式にも確認しました。

おかくん
おかくん
公式サポートへ質問した内容①

⇧やはり品質に違いはありません。

ソフトウェアの仕様上、仕方ないみたいです。

おかくん
おかくん
公式サポートへ質問した内容②

⇧ついでにフルHDで書き込む方法が無いか相談しましたが、やはりありませんでした。

WondershareのDVDmemoryというソフトを使えばできるようです。(有料)

気になる人はDVDmemoryの無料体験版をダウンロードして使ってみましょう。

他のソフトを使えばできるようですが、Filmora単体では無理そうです。

おかくん
おかくん

③ディスクの種類はDVD-5か?DVD-9か?

ディスクの種類

ディスクの種類が2つあるので迷う場合が多いです。

  1. D5は4.7GBのDVD(一層式)
  2. D9は8.5GBのDVD(二層式)

ほとんどの場合4.7GBのDVDですが、容量が多い時は8.5GBを使います。

おかくん
おかくん

Filmoraで結婚式用にDVDを書き込み作成する場合の注意点

ポイント

結婚式で上映する用のDVDを作成する場合の注意点をまとめました。

⇧各項目をタップすると、それぞれの詳細に飛びます。

以下で順番に解説します。

おかくん
おかくん

①結婚式場によってはスクリーンのアスペクト比が4:3

式場によっては上映用のスクリーンのアスペクト比が4:3の場合があります。

DVDを16:9で作っていた場合、スクリーンに対して少し細長く見えます。

4:3のスクリーンに対して16:9でも特に問題はありませんが、こだわる人は前もって式場に聞いて、スクリーンが4:3ならDVDも4:3で書き込みしましょう。

保存用は16:9で式場用は4:3で作っておけば完璧です。

おかくん
おかくん

②DVD-RWだと再生できない場合がある

DVD-RWで正常に書き込みできて自宅のDVDプレイヤーでは再生できるのですが、結婚式場では再生できないことがあります。

機器が対応していても、なぜか再生できないことは多いです。

なので結婚式場で上映する用はDVD-Rで書き込むのが無難です。

余裕があれば複数枚焼いておきましょう。

また、前もって結婚式場で再生できるかどうか確かめておくことも大事です。

RWは書き込み練習用に使いましょう。

おかくん
おかくん

③8分~10分くらいが適当

これは結婚式以外でもいえることですが、映像を見る時間は8分~10分くらいが適当と言われています。

これより短いと要点が伝わらず、逆に長いと見ている方は疲れてしまいます。

人間の脳がそういう風になっているので、仕方がありません。

映像はできるだけ簡潔に要点をまとめる練習をしましょう。

動画編集の前に8分でまとまるストーリーを組み立てると良いです。

おかくん
おかくん

DVD書き込みしたら音飛び・音割れ・カクカクする場合の対処法7選

ポイント

Filmoraで出力した動画がカクカクする場合は下記が原因のことが多いです。

  1. DVDに対してファイルサイズが大きい
  2. 書き込む動画の時間が長い
  3. タイムラインの配置がずれている
  4. PC内のハードディスクの容量が少ない
  5. 一時的なエラー
  6. パソコンのスペック不足(最低でもCPUはcorei3が必要)

まずは以下を試してみましょう。

  1. ハードディスクの空き容量を増やす
  2. エンコードモードを変えてみる(CBR⇔VBR)
  3. FilmoraまたはPCを再起動してみる
  4. 一旦MP4に出力して問題ないか検証する
  5. 出力したMP4をFilmoraに取り込みDVDに書き込む
  6. 動画の長さを短くする
  7. スペックの高いパソコン(推奨はCPUがi5かi7)で書き込みする

どうしようもない時はWondershareのサポートに相談しましょう。

こちらも原因が分からないことが多いです。

色々試してみるしか無いです。

おかくん
おかくん

DVD書き込み作成できない・失敗する・再生できない場合の対処法15選

パソコンやDVDドライブなど人によって環境が違うため、書き込みできない原因も人それぞれです。

FilmoraでDVD書き込みに失敗する場合
  • 書き込みは開始できるが100%に到達する前にエラーが出たり失敗する
  • 書込みは成功するが再生できない
  • 書込みは成功、PCでは再生できるがDVDプレイヤーでは再生できない

上記のような症状の場合、

  • DVDドライブやディスクに問題がある
  • ウィルスソフトの影響
  • パソコン機器の環境

などが関係していることが多いです。とりあえず下記を参考に、簡単に試せるものから優先して1つ1つ実施してみましょう。

  1. Filmoraをアップデートする
  2. パソコンのウィルスソフトを停止する
  3. 他のタスクを閉じる(Google Chromeなどを閉じる)
  4. ビットレートを見直す
  5. エンコードモードを変えてみる
  6. Filmoraを再起動する
  7. PCを再起動する
  8. 動画内の音声やエフェクト素材を変えてみる(3Dなどの重たい素材を使わない)
  9. 長い動画は分割して編集する(1動画1時間くらいまで)
  10. 一旦MP4に出力して問題ないか検証する
  11. 出力したMP4をFilmoraに取り込みDVDに書き込む
  12. DVDドライブにレンズクリーナーを試してみる
  13. データ用又は録画用のディスクで試してみる
  14. DVDのメーカーを変えてみる
  15. DVDドライブを変えてみる

どうしようもない時はWondershareのサポートに相談しましょう。

正直言って原因が分からないことのほうが多いです。

色々試しているとある日突然成功する場合が多いです。

おかくん
おかくん

FilmoraのDVD書き込み作成でよくある質問と解決法5選

質問

FilmoraのDVD書き込み作成で、よくある質問と解決法は以下の5つです。

⇧各項目をタップすると、それぞれの詳細に飛びます。

以下で順番に解説します。

おかくん
おかくん

①FilmoraでDVDコピー・ダビング・焼く方法は?

FilmoraではDVDを直接コピーする機能はありません。

  1. DVDの映像を一旦Filmoraに取り込む
  2. 改めて違うDVDに書き込む

という作業が必要です。

一度PCに取り込んでしまえば、焼き方は簡単です。

おかくん
おかくん

⇩直接DVDに焼きたい人は別のソフト「DVD Memory」がおすすめです。

【評判良し!】DVD Memory無料版の評価や口コミを解説

Filmoraと同じWondershareのソフトです。

DVDからDVDに直接コピーができます。

おかくん
おかくん

②DVDを取り込むには?

DVDから映像を取り込む方法を解説します。

メディアの取り込みを選択する

⇧「メディアをインポート」を選択します。

DVDドライブからビデオを選択する
  1. DVDドライブをダブルクリック
  2. ①のVIDEOファイルをダブルクリック
  3. ②に表示されるファイルをすべて選択して③の「開く」を選ぶ

メニュー付きのDVDの場合、メニューも一緒に取り込まれますが問題ないです。

おかくん
おかくん

下記のように画面が変わります。

DVDを取り込む
  1. ①に保存する名前を付ける(そのままでも問題ない)
  2. ②の「OK」を押すと③に表示される

通常通り、DVDに書き込みましょう。

おかくん
おかくん

③Filmoraでチャプター付きDVDを作るには?

FilmoraではDVDに書き込むことはできますが、チャプター付きDVDの作成はできません。

どうしてもチャプター付きDVDを作成したい場合は「DVD Memory」という別ソフトが必要です。

⇩DVD Memoryを使ってチャプター付きDVDを作成する方法は以下の記事で詳しく解説していますのでご覧下さい。

Filmoraのチャプター作り方2選【チャプター付きDVDも作成可能】

Filmoraと同じWondershareのソフトです。

おかくん
おかくん

他にも初心者に使いやすい動画編集ソフトPowerDirectorなら標準機能でチャプター付きDVDの作成が可能です。

⇩PowerDirectorは標準機能でチャプター付きDVDを作成できます。

【徹底評価!】PowerDirectorの評判や口コミは?10年以上使ってレビュー

④Filmoraで作成できるディスクはDVD-Video形式ですか?

Filmoraで作成できるDVDの規格は、DVD-Videoのみです。

DVD-Video規格は画質が720×480と決められているため、それ以上画質をよくすることはできません。

どうしてもHD画質(1280×720)やフルHD画質(1920×1080)で書き込みたい場合は他の編集ソフトを使いましょう。

例えば初心者に使いやすい動画編集ソフト「PowerDirector」ならフルHD画質(1920×1080)で書き込めます。

⇩PowerDirectorでDVDに書き込み作成する方法は下記で詳しく解説しています。

パワーディレクターでDVDディスクに書き込み・出力する4つのステップ

FilmoraではDVDに書き込みはできますが、メニューは作成できません。

メニューをつけたい場合は「DVD Memory」という別のソフトを使う必要があります。

⇩DVD Memoryを使ってチャプター付きDVDを作成する方法は以下の記事で詳しく解説していますのでご覧下さい。

Filmoraのチャプター作り方2選【チャプター付きDVDも作成可能】

Filmoraと同じWondershareのソフトです。

おかくん
おかくん

もう一つの方法は、別の動画編集ソフト「PowerDirector」を使う方法があります。

PowerDirectorでは動画編集機能やDVD書き込みに加えて、

  • メニュー付きDVDの作成
  • メニュー付きブルーレイの作成

ができるので、ディスク作成メインの人におすすめです。

Filmoraで作成した動画を「PowerDirector」で取り込んでメニュー付きDVDを作成します。

  1. Filmoraで動画編集➡一旦MP4に出力する
  2. PowerDirectorを起動しMP4を取り込む
  3. メニューを作成➡DVDに書き込む

Filmoraのエフェクト素材などをどうしても使いたい場合は上記の方法になります。

おかくん
おかくん

⇩PowerDirectorでメニュー付きDVDを作成する方法は、下記で詳しく解説しています。

PowerDirectorでチャプターサムネイル付きDVDやMP4を作成する2つの方法

【まとめ】FilmoraDVDに書き込み作成する方法をマスターして素敵な動画を作ろう

動画編集する女性

FilmoraでDVDに書き込み作成する方法を解説しました。再度確認です。

  • FilmoraでDVDに書き込みできる画質は720×480のみ(DVD-Video規格)
  • FilmoraではDVDにメニューを付けることはできない
  • Filmoraではチャプター付きDVDは作成できない
  • 書き込む場合はDVDーRWではなくDVD-Rがおすすめ
  • 上手く書き込みできない場合はできることを試してからサポートへ相談する

FilmoraでDVDに書き込み作成する方法をマスターして、素敵な動画を作りましょう。

Filmoraで快適な動画編集するならコントローラー(左手デバイス)がおすすめです。

編集時間が半分になります。

おかくん
おかくん

Filmoraで快適な動画編集するためのグッズやアクセサリーについては以下の記事で詳しく解説していますのでご覧下さい。

こちらもCHECK

【超快適!】動画編集のグッズ・アイテム・機材おすすめ7選のサムネイル
【超快適!】動画編集のグッズ・アイテム・機材おすすめ7選

快適な動画編集を求めるあなたへ。当記事では動画編集のグッズやアイテムを解説しています。記事の内容を見ていただくだけで快適な動画編集環境ができますよ。どうぞご覧下さい。

続きを見る

\よかったらシェアしてね/