PhotoDirector ソフト一覧

【納得!】PhotoDirectorは買い切りとサブスクどちらがおすすめ?

2023年9月10日

※アフィリエイト広告を利用しています

【納得!】PhotoDirectorは買い切りとサブスクどちらがおすすめ?のサムネイル
ペンくん
ペンくん

PhotoDirectorは買い切り版とサブスク版どちらがおすすめでしょうか?

このような声にお応えして参考となる記事をご用意しました。

こちらの記事では画像編集ソフトPhotoDirectorを購入するなら

  • 買い切り版
  • サブスク版

どちらがおすすめかについて解説します。

記事の内容を見ていただくだけで自分に合ったPhotoDirectorが見つかりますよ。

私はパソコン歴25年以上。

これまでに30種類以上の動画編集ソフトや画像編集ソフトなどを使ってきました。

CyberLinkのPhotoDirectorは初心者に優しい画像編集ソフトなので基本的にどれを購入しても後悔はありません。

しかし自分に合った製品を選ばないと使いにくかったりする場合もあるのでぜひ参考にしてくださいね。

私は2012年ごろからCyberLinkのソフトを使っています。

初心者へのサポートが手厚いことで有名です。

おかくん
おかくん

この記事で分かること

  1. PhotoDirector買い切り版とサブスク版の違いについて
  2. PhotoDirectorの評判
  3. PhotoDirectorの価格 など

\只今キャンペーン中/

PhotoDirectorの公式サイトはこちら

30日間全額返金保証付

PhotoDirectorは買い切り版もサブスク版もお得な画像編集ソフト

PhotoDirectorのホーム画面

⇧出典:CyberLink

会社名CyberLink
本社台湾(新北市)
創業1996年
創設者Jau Huang
日本支社東京都港区芝大門1-16-3
システム要件(Windows)Microsoft Windows
11、10、8.1、7(64ビットOSのみ)
システム要件(Mac)macOS 10.14 以降
サポート
対応
電話
メール
公式サイト公式で確認
PhotoDirectorの概要

買い切り版はWindowsのみ対応です。

Macで使うならサブスク版の購入が必須です。

おかくん
おかくん

画像対応ファイル(取り込み)

JPG, TIFF, RAW, PNG, GIF, PHI, BMP, HEIF

画像対応ファイル(書き出し)

JPG, TIFF, PNG, GIF, PHI

ほとんどの画像形式に対応しています。

おかくん
おかくん

PhotoDirectorを提供しているCyberLinkは台湾のメーカーです。

CyberLinkは1996年に設立され、主にマルチメディア関連ソフトウエアの開発を手がけてきました。

PhotoDirectorの他にも

などのソフトも有名です。

このように、CyberLinkは歴史あるソフトウェアメーカーなので安心して利用できます。

PhotoDirectorは買い切り版もサブスク版も使いやすい画像編集ソフトです。

無料版(体験版)でも制限が少ないので評判が良いです。

おかくん
おかくん

\只今キャンペーン中/

PhotoDirectorの公式サイトはこちら

30日間全額返金保証付

PhotoDirectorの買い切り版とサブスク版の比較

PhotoDirectorには大きく分けて

  • 1回購入すればあとはお金を払わなくてもずっと使える買い切り版(永久ライセンス)
  • 毎年1回定期的に費用が発生するが、常に新しい機能が使えるサブスクリプション版(定期購入)

の2つがあります。大きく異なる部分を比較しました。

販売形式買い切り版サブスク版
対応製品Standard
PhotoDirector Ultra
PhotoDirector Ultra+PowerDirector Ulttimate
PhotoDirector
365
DirectorSuite
365
機能基本的に
購入時点の
機能のみ
毎年
アップデート
される
費用基本的に
購入時のみ
毎年一定の
費用が発生
対応PCWindows
のみ
Windows
Mac
両対応
インストール
できる
PCの台数
1台2台以上
Getty images
素材
ダウンロード
無し有り
優先的な
サポート
無し有り
クラウドに
保存
最初の
1年のみ
永久
インストール時の
ライセンスキー入力
必須不要
買い切りサブスク比較表

買い切り版は購入時以外は費用が発生しないメリットがありますが

  • 使える機能は購入時の機能のみ
  • 使える素材は購入時の素材のみ
  • 通常のメールサポートのみ
  • 1台のPCにしかインストールできない
  • インストールの度にプロダクトキー入力が必要

というデメリットはあります。

毎年アップグレードすることで新しい機能を使えますが、それならサブスク版を購入した方が安く済みます。

おかくん
おかくん

サブスク版は毎年費用が発生するデメリットがありますが

  1. 常に新しい機能が使える
  2. 各種素材がダウンロードし放題
  3. メールサポートを優先に受けられる
  4. WindowsでもMacでも使える
  5. 複数台のPCにインストールして使える(同時起動は不可)

などのメリットがあります。特に③の優先的にサポートを受けられるサービスは初心者の人におすすめです。

編集画面から直接問い合わせできるため使い勝手が良いです。

おかくん
おかくん

優先サポートの使い方。

⇧①の「ヘルプ」→②の「優先カスタマーサポート」→③で内容を入力して送信

画像も送信できる+簡単操作で問い合わせできるのがおすすめです。

おかくん
おかくん

買い切りサブスク
まとめ

①初心者の人はサポートが充実しているサブスク版がおすすめ
②たくさん素材を使いたい人はサブスク版がおすすめ
③常に新しい機能を使いたいならサブスク版1択
④Macで使いたい人はサブスク版1択
⑤複数のパソコンで使う予定ならサブスク版1択
⑥毎年費用が発生することに抵抗がある人は買い切り版1択
⑦趣味で時々使うくらいなら買い切り版で十分

\只今キャンペーン中/

PhotoDirectorの公式サイトはこちら

30日間全額返金保証付

PhotoDirector買い切り版とサブスク版の製品を徹底比較

PhotoDirectorの各製品

⇧出典:CyberLink

ここからはPhotoDirectorの買い切り版とサブスク版の製品を徹底比較していきます。

PhotoDirectorを購入する方法は以下の5種類があります。

  1. PhotoDirector Standard(買い切り版)※公式サイトでは取り扱い無し
  2. PhotoDirector Ultra(買い切り版)今だけ30%OFF 7,300円
  3. PhotoDirector Ultra+PowerDirector Ulttimate(買い切り版)19,980円
  4. PhotoDirector365(サブスク版)今だけ30%OFF 4,480円
  5. DirectorSuite365(サブスク版)今だけ30%OFF 11,180円

⇧各項目をタップすると、それぞれの詳細に飛びます。

⇩各製品をタップするとそれぞれの詳細に飛びます。

製品名おすすめ
ポイント
販売サイト販売価格Windows
Mac
対応
優先
メールサポート
Getty images
素材ダウンロード
インストール
できる
PCの台数
インストール時
ライセンスキー
入力
アップデートクラウド
ストレージ
動画編集
ソフト
PowerDirector
音声編集
Audio
Director
色編集
Color
Director
買い切り版
PhotoDirector
Standard
最低限の
画像編集機能
アマゾン公式以外
3,873円
Windowsのみ無し無し1台必須不可無し無し無し無し
おすすめ
買い切り版
PhotoDirector
Ultra
買い切りに
こだわるなら
こちら
公式で確認通常
9,800円
今だけ30%OFF
7,300円
Windowsのみ無し不可1台必須2世代前まで最初の1年のみ
25GB
無し無し無し
買い切り版
PhotoDirector Ultra

PowerDirector Ulttimate
画像編集

動画編集
公式で確認19,980円Windowsのみ無し不可1台必須2世代前まで最初の1年のみ
50GB
有り無し無し
超おすすめ
サブスク版
PhotoDirector
365
コスパ最強
おすすめ
公式で確認通常
6,480円
今だけ30%OFF
4,480円
Windows
Mac
両対応
有り複数台不要常に最新永久
50GB
無し無し無し
サブスク版
DirectorSuite
365
画像編集

動画編集
全ての機能が使える
フルバージョン
公式で確認通常
15,980円
今だけ30%OFF
11,180円
Windowsのみ有り複数台不要常に最新永久
100GB
有り有り有り
PhotoDirector比較表

以下で各製品ごとに詳しく解説します。

おかくん
おかくん

PhotoDirector Standard(買い切り版)

PhotoDirector Standardは機能を最小限に限定した製品です。

公式サイトでは取り扱いが無くアマゾンなどでしか購入できません。

  • 背景の除去
  • 画像の不要な部分を除去
  • 画像の合成

など、PhotoDirectorの基本的な機能は一応使えますが、

  • アップデートは対象外
  • 各種エフェクトが使えない
  • テンプレート画像が使えない

など、画像を装飾するなどの便利な使い方ができないため、あまりおすすめはできません。

無料のフリーソフトでもできる機能ばかりなので、わざわざ購入するメリットが無いです。

おかくん
おかくん

PhotoDirector Ultra(買い切り版)

PhotoDirectorの各製品

⇧出典:CyberLink

PhotoDirectorで一番シンプルな製品がPhotoDirector Ultra(買い切り版)です。

  • 初めてPhotoDirectorを購入する
  • Windowsパソコンで使いたい
  • 機能にはこだわらない

という方におすすめの商品となっています。

毎年費用が発生しない買い切り型にこだわるならPhotoDirector Ultra一択です。

買い切り版を購入するならこちらがおすすめです。

おかくん
おかくん

\只今キャンペーン中/

PhotoDirectorの公式サイトはこちら

30日間全額返金保証付

PhotoDirector Ultra+PowerDirector Ulttimate(買い切り版)

PhotoDirectorの各製品

⇧出典:CyberLink

画像編集に加えて動画編集もしたい人はこちらがおすすめです。

  • 本格的な動画編集ソフトPowerDirectorの機能が全て使えるUltimateが付属
  • 買い切り型なので1回購入すれば費用は一切かからない
  • それぞれ単品で購入するよりも安くなる(Ultimateは単品で購入すると16,980円)

というメリットがあります。

動画編集ソフトも検討している方に使ってほしい製品です。

買い切り版+動画編集も考えている人はこちらがおすすめです。

おかくん
おかくん

⇩PowerDirector Ultimateについては以下の記事で詳しく解説していますのでご覧下さい。

PowerDirectorの違いを徹底比較!購入するならどれがいい?

\只今キャンペーン中/

PhotoDirectorの公式サイトはこちら

30日間全額返金保証付

PhotoDirector365(サブスク版)

PhotoDirectorの各製品

⇧出典:CyberLink

PhotoDirectorで一番おすすめの製品がこちらのPhotoDirector365(サブスク版)です。

  • 優先的なメールサポート
  • WindowsとMacに対応している
  • 複数のPCにインストールして使える
  • PhotoDirectorの全ての機能が使える
  • Getty imagesの写真素材を自由にダウンロードして使える
  • プロダクトキー(ライセンスキー)の管理が不要
  • コスパが良い

というサブスク版特有のメリットがたくさんあります。

迷ったらPhotoDirector365を購入すれば失敗はありません。

とりあえずPhotoDirectorを使ってみたい人はこちらを選びましょう。

おかくん
おかくん

\只今キャンペーン中/

PhotoDirectorの公式サイトはこちら

30日間全額返金保証付

⑤DirectorSuite365(サブスク版)

PhotoDirectorの各製品

⇧出典:CyberLink

DirectorSuite365(サブスク版)は完ぺき主義な方におすすめです。

なぜなら

  • 動画編集ソフトPowerDirectorの全ての機能が使える
  • 画像編集ソフトPhotoDirectorの全ての機能が使える
  • 優先メールサポートが使える
  • 複数のPCにインストールして使える
  • Getty imagesの写真素材を自由にダウンロードして使える
  • プロダクトキー(ライセンスキー)の管理が不要

など、機能に関しては最強だからです。

  • 毎日、動画編集や画像編集をする
  • 仕事に使う
  • 機能にこだわる

などの人にDirectorSuite365はおすすめです。

私はこちらのDirectorSuite365を使っています。

唯一の欠点はMacで使えないことと毎年費用がかかることです。

おかくん
おかくん

\只今キャンペーン中/

PhotoDirectorの公式サイトはこちら

30日間全額返金保証付

結局PhotoDirectorは買い切りとサブスクどちらがおすすめ?

PhotoDirectorの各製品

⇧出典:CyberLink

動画編集ソフトを含まない①と②の純粋なPhotoDirectorだけで比べました。

製品名おすすめ
ポイント
公式サイト公式価格Windows
Mac
対応
優先
メールサポート
Getty images
素材ダウンロード
インストール
できる
PCの台数
インストール時
ライセンスキー
入力
アップデートクラウド
ストレージ
買い切り版
PhotoDirector
Ultra
買い切りに
こだわるなら
こちら
公式で確認通常
9,800円
今だけ30%OFF
7,300円
Windowsのみ無し不可1台必須2世代前まで最初の1年のみ
25GB
サブスク版
PhotoDirector
365
超おすすめ
コスパ最強
公式で確認通常
6,480円
今だけ30%OFF
4,480円
Windows
Mac
両対応
有り複数台不要常に最新永久
50GB
PhotoDirector比較表
  1. 迷ったらサブスク版のPhotoDirector365がおすすめ
  2. Macで使うならサブスク版のPhotoDirector365一択
  3. 定期購入に抵抗がある人買い切り版のPhotoDirector Ultraがおすすめ
  4. 複数台のPCにインストールして使うならサブスク版のPhotoDirector365がおすすめ
  5. 初心者ほど優先メールサポートがあるサブスク版のPhotoDirector365がおすすめ
  6. プロダクトキー(ライセンスキー)の入力や管理が面倒な人サブスク版のPhotoDirector365がおすすめ
  7. 常に新しい機能を使いたい人サブスク版のPhotoDirector365一択
  8. Getty imagesの写真素材をダウンロードして使いたい人サブスク版のPhotoDirector365一択
  9. クラウドストレージに保存したい人はサブスク版のPhotoDirector365がおすすめ
  10. 迷ったらサブスク版のPhotoDirector365がおすすめ

PhotoDirectorを購入した直後に新バージョンが出た場合、買い切り版だとアップデートは有料ですが、サブスク版だと無料です。

このようにサブスク版はいつ買っても損が無いのがメリットです。

おかくん
おかくん

\只今キャンペーン中/

PhotoDirectorの公式サイトはこちら

30日間全額返金保証付

PhotoDirectorの評判は?

CyberLinkのPhotoDirectorは非常に評判の高いソフトです。

なぜなら

  • 画像の不要な部分を一瞬で除去できる
  • 背景が簡単に除去できる
  • 画像の合成やコラージュができる
  • 空の風景を入れ替えることができる
  • 比較的安い(買い切り版が約7,000円)

などが理由だからです。

AI機能の進化により2010年代に比べて綺麗な画像を簡単に作れるようになりました。

これも1996年から30年近く研究されてきたCyberLinkの歴史のたまもののおかげです。

このように、CyberLinkのPhotoDirectorは評判の良い画像編集ソフトです。

PhotoDirector以外にも動画編集ソフトのPowerDirectorが有名かつ評判が良いです。

おかくん
おかくん

\只今キャンペーン中/

PhotoDirectorの公式サイトはこちら

30日間全額返金保証付

⇩PhotoDirectorの評判については以下の記事で詳しく解説していますのでご覧下さい。

【高評価!】PhotoDirector 14 Ultraをレビュー

PhotoDirectorが危険性が高いと言われる理由

CyberLinkは歴史あるソフトウェアメーカーなので基本的には安全性が高く安心して利用できます。

しかし一方でCyberLinkのPhotoDirectorは危険性が高いと言う人が多いです。

なぜなら勝手に自動更新されてお金を取られたと勘違いする人が多いからです。

確かにPhotoDirectorのサブスク版を購入すると、購入から1年後に自動更新されてクレジットカードで引き落としされます。

しかし、購入時に記載があるように自動更新に同意した上で購入することが前提となっています。

なので「勝手に自動更新された」というのは購入した人の勘違いによるものです。

このように、「勝手に自動更新された」のはCyberLinkの責任ではなくて購入者の責任なので企業のせいにするのはやめましょう。

責任をもって購入しましょう。注意事項は必ず読みましょう。

おかくん
おかくん
PhotoDirectorを購入する画面

⇧PhotoDirector購入時に自動更新についての記載がある

PhotoDirectorの記載事項

\只今キャンペーン中/

PhotoDirectorの公式サイトはこちら

30日間全額返金保証付

⇩PhotoDirectorの危険性については以下の記事で詳しく解説していますのでご覧下さい。

【安心!】PhotoDirectorの危険性や安全性を解説する!

PhotoDirector無料版でできること12選【使い方】

PhotoDirectorでは無料体験版でも以下のような機能が使えます。

詳しい使い方はそれぞれの記事で解説していますので参考にしてください。

⇧各項目をタップすると、それぞれの解説記事に飛びます。

無料版でもほとんどの機能は使えます。

おかくん
おかくん

\只今キャンペーン中/

PhotoDirectorの公式サイトはこちら

30日間全額返金保証付

⇩PhotoDirectorの無料版でできることは以下の記事で詳しく解説していますのでご覧下さい。

PhotoDirector無料でできること13選【条件有!】

⇩PhotoDirectorの使い方は以下の記事で詳しく解説していますのでご覧下さい。

PhotoDirector365の使い方15選【無料版・Ultra14・iphoneアプリ対応】

PhotoDirectorの値段は?

PhotoDirectorは公式サイトで購入する場合は以下の4種類があります。

  1. PhotoDirector Ultra(買い切り版)今だけ30%OFF 7,300円
  2. PhotoDirector Ultra+PowerDirector Ulttimate(買い切り版)19,980円
  3. PhotoDirector365(サブスク版)今だけ30%OFF 4,480円
  4. DirectorSuite365(サブスク版)今だけ30%OFF 11,180円
製品名おすすめ
ポイント
公式サイト公式価格Windows
Mac
対応
優先
メールサポート
Getty images
素材ダウンロード
インストール
できる
PCの台数
インストール時
ライセンスキー
入力
アップデートクラウド
ストレージ
動画編集
ソフト
PowerDirector
音声編集
Audio
Director
色編集
Color
Director
買い切り版
PhotoDirector
Ultra
買い切りに
こだわるなら
こちら
公式で確認通常
9,800円
今だけ30%OFF
7,300円
Windowsのみ無し不可1台必須2世代前まで最初の1年のみ
25GB
無し無し無し
買い切り版
PhotoDirector Ultra

PowerDirector Ulttimate
画像編集

動画編集
公式で確認19,980円Windowsのみ無し不可1台必須2世代前まで最初の1年のみ
50GB
有り無し無し
サブスク版
PhotoDirector
365
コスパ最強公式で確認通常
6,480円
今だけ30%OFF
4,480円
Windows
Mac
両対応
有り複数台不要常に最新永久
50GB
無し無し無し
サブスク版
DirectorSuite
365
画像編集

動画編集
全ての機能が使える
フルバージョン
公式で確認通常
15,980円
今だけ30%OFF
11,180円
Windowsのみ有り複数台不要常に最新永久
100GB
有り有り有り
PhotoDirector比較表

PhotoDirectorを購入するなら基本的にサブスク版のPhotoDirectorがおすすめです。

なぜなら

  • 優先的にメールでのサポートをしてもらえる
  • プロダクトキー(ライセンスキー)の管理が不要
  • 複数台のパソコンにインストールできる
  • 常に新機能が使える
  • WindowsとMac両方対応している
  • コスパが良い

からです。

迷ったらサブスク版の「PhotoDirector」を購入すれば問題ないですが

  • 買い切り方にこだわるなら「PhotoDirector Ultra」
  • 画像編集に加えて動画編集もしたい人は「PhotoDirector Ultra」+「PowerDirector Ulttimate」
  • 全ての機能を使いたい人は「DirectorSuite365」

という選択肢もあるので、自分に合ったPhotoDirectorを選びましょう。

私は毎日、画像編集と動画編集をするので「DirectorSuite365」を契約していますが、正直機能は持て余しています。

PhotoDirector365で十分です。

おかくん
おかくん

\只今キャンペーン中/

PhotoDirectorの公式サイトはこちら

30日間全額返金保証付

⇩PhotoDirectorの価格については以下の記事で詳しく解説していますのでご覧下さい。

【お得!】PhotoDirectorの価格や値段を徹底調査した【PCアプリ】

【まとめ】PhotoDirectorは買い切り版よりもサブスク版がおすすめ

動画編集する女性

以上、PhotoDirectorは買い切り版が良いかサブスク版が良いかについて解説しました。再度確認です。

  • PhotoDirectorは特にこだわりが無ければ基本的にサブスク版がおすすめ
  • サブスク版に抵抗がある人は買い切り版のPhotoDirector Ultaがおすすめ
  • 完ぺきを求める人はサブスク版のDirectorSuite365がおすすめ

早速PhotoDirectorを購入して本格的に画像編集を始めよう。

\只今キャンペーン中/

PhotoDirectorの公式サイトはこちら

30日間全額返金保証付

\よかったらシェアしてね/