動画編集の始め方 動画編集

動画編集ディレクターへの道:必要なスキルと年収の実情を詳解

2023年7月29日

※アフィリエイト広告を利用しています

動画編集ディレクターへの道:必要なスキルと年収の実情を詳解
ぺんくん
ぺんくん

動画編集のディレクターになる方法を教えてください。

このような声にお応えして参考となる記事をご用意しました。

こちらの記事では動画編集ディレクターになる方法を解説しています。

記事の内容を見ていただくだけでディレクターに必要なスキルや年収の目安が分かりますよ。

私は動画編集歴10年以上。

動画編集の案件が増えたため、ディレクターとして動画編集者に仕事を采配しています。

動画編集のディレクターになるのは誰でも可能です。

でも動画編集完全未経験から始める場合は順序があるのでぜひ参考にしてくださいね。

動画編集もディレクターも完全在宅で始めることができるのがメリットです。

おかくん
おかくん

この記事で分かること

  1. 動画編集のディレクターになるには?
  2. 動画編集ディレクターの仕事内容
  3. 動画編集ディレクターに必要なスキル
  4. 動画編集ディレクターの年収
  5. 動画編集ディレクターのメリット・デメリット

⇩動画編集の副業で月10万円を目指す方法をまとめました。私が実際に達成した時に取り組んだ内容です。ぜひご覧下さい。

動画編集副業の始め方3ステップ【初案件獲得までのロードマップ】

動画編集ディレクターとは?

ディレクター

動画編集ディレクターとは一般的に映像制作全体を指揮し、最終的な映像作品を生み出す役割を担うプロフェッショナルです。

動画編集だけでなく

  • 撮影
  • 音楽
  • ナレーション

など、映像作品に関わる全ての要素を統括し、作品のクオリティとコンセプトを保証します。

また、クライアントやスタッフとのコミュニケーションも重要な業務の一つ。

動画編集ディレクターは、一つの映像作品が持つべきメッセージを明確にし、それを視覚的に表現するための最適な手法を選択します。

そのため、映像技術だけでなく、マネジメント(管理)のスキルも求められます。

ディレクターは映像制作全体の業務を管理します。

おかくん
おかくん

動画編集ディレクターの仕事内容

ディレクターの仕事をする人

動画編集ディレクターは、動画制作の全体像を見渡し、クリエイティブな視点でプロジェクトを推進する役割を担います。具体的には、

  • ストーリーボードの作成
  • 編集プロセスの監督
  • スタッフのマネジメント
  • クライアントとのコミュニケーション

など、多岐にわたる業務を担当します。

また、動画編集ディレクターは、

  • 動画編集者が制作する動画の品質を確保
  • 予算やスケジュールを管理
  • プロジェクトを進行させる責任

などもあります。

このように、動画編集ディレクターは、動画制作の全体像を把握し、プロジェクトを成功に導くための重要な役割を果たします。

動画編集ディレクターと動画編集者の違い

違い

動画編集ディレクターと動画編集者は、役割と責任範囲に明確な違いがあります。

以下にまとめました。

ディレクター

  • プロジェクト全体の統括
  • 動画の内容や方向性の決定
  • 編集者への指示やクライアントとの調整
  • 動画全体の管理を担当する

動画編集者

  • カット編集
  • テロップ挿入
  • エフェクト
  • BGMの挿入
  • 動画編集の作業のみを担当する

仕事内容は異なりますが、動画編集者の延長線上にディレクターの仕事があります。

おかくん
おかくん

動画編集ディレクターには2種類ある

動画編集の画面

動画編集ディレクターには大きく分けて以下の2種類があります。

  1. 映像制作会社や企業の動画編集部門でディレクションをする人
  2. 動画編集者として請け負っている案件が自分で捌ききれず人に外注する必要のある人

動画編集者として案件を安定していただけるようになると②のディレクターになる人が多いです。

  • 自分はディレクターとして案件を集める
  • 動画編集者に案件を采配する
  • 動画編集者のスケジュール管理や進捗管理

などを行い、チームで動画編集をしていく流れになります。

編集作業はどうしても時間がかかるため1人では限界があることに気づきディレクターになる流れが多いです。

おかくん
おかくん

動画編集ディレクターの年収の実情

動画編集ディレクターの年収は、経験やスキル、担当プロジェクトの規模により大きく変動します。

ここでは動画編集のディレクターの一般的な年収について以下の3つに分けて解説します。

⇧各項目をタップすると、それぞれの詳細に飛びます。

以下で順番に解説します。

おかくん
おかくん

①正社員の動画編集ディレクターの平均年収

動画編集ディレクターという職種は、動画制作の全体を指導し、監督する役割を担っています。

その責任の重さから、年収もそれなりに高い水準にあります。

日本国内の正社員として働く動画編集ディレクターの平均年収は、おおよそ500万円から800万円と言われています。

ただし、この年収は

  • 企業の規模や業績
  • ディレクターの経験年数
  • ディレクターのスキル

により大きく変動します。

また、プロジェクトの規模や内容によっても報酬は変わるため、自身のスキルや経験を活かして高収入を得ることも可能です。

ディレクターとして活躍できれば年収1,000万円も夢では無いです。

おかくん
おかくん

②フリーランスの動画編集ディレクターの年収

フリーランスの動画編集ディレクターの年収は

  • スキルや経験
  • 取り扱う案件の規模

に大きく左右されます。

一般的には、300万円~800万円の間で変動しますが

  • 大手企業からの依頼が多いディレクター
  • 高い評価を得ているディレクター

はそれ以上を稼ぐことも可能です。

その一方で、仕事量の不安定さが影響し、年収は下がることもあります。

フリーランスとして成功するためには

  • 高いスキル実績
  • クライアントとの良好な関係を築く

ことが重要です。

また、自身のブランディング動画マーケティングの把握も忘れてはいけません。

フリーランスとして安定するには並大抵の努力では足りません。

おかくん
おかくん

③動画編集ディレクターの収入が安定する理由

動画編集ディレクターの収入が安定する主な理由は、その専門性需要の高さにあります。

動画編集ディレクターは、動画制作の全体的な流れを統括し、クオリティを高める役割を果たします。

このスキルは、企業のプロモーションや広告における動画コンテンツの需要増加に伴い、ますます価値を増しています。

また、プロジェクト毎の契約が多いフリーランスでも、一定のクライアントを持つことで安定した収入を得ることが可能です。

さらに、経験とスキルを積むことで、より大きなプロジェクトを手掛けるチャンスも増え、それに伴い収入もアップします。

これらが、動画編集ディレクターの収入が安定する要因と言えるでしょう。

信頼があるからこそディレクターとしての仕事が安定します。

おかくん
おかくん

動画編集ディレクターに必要なスキル4選

動画編集する人

動画編集ディレクターに求められるスキルは多岐にわたります。

以下の4つに分けて解説します。

⇧各項目をタップすると、それぞれの詳細に飛びます。

以下で順番に詳しく解説します。

おかくん
おかくん

①動画制作に関する知識

動画編集ディレクターとして活躍するためには、動画制作に関する知識が不可欠です。具体的には

  • 映像の撮影技術
  • 照明や音響の知識
  • 編集ソフトの使い方

など、動画制作の全工程を理解していることが求められます。

さらに、映像表現のトレンドや視聴者の反応を予測するためのマーケティングの知識も重要。

動画編集ディレクターは、制作チームを率いて最終的な映像を作り上げる役割を担っていますから、全体のビジョンを持ちつつ、細部にも目を配る能力が必要となります。

これらの知識やスキルを身につけることで、より質の高い動画制作が可能となり、視聴者に感動や驚きを与えることができるでしょう。

動画編集の知識が無くてもディレクターになっている人もいますが、基本的には必須の知識です。

おかくん
おかくん

②マネジメント力とコミュニケーション能力

動画編集ディレクターとして成功するには、優れたマネジメント力とコミュニケーション能力が不可欠です。

プロジェクトの全体像を把握し、各スタッフの役割を適切に割り当てるマネジメント力が求められます。

また、ディレクターはクライアントやスタッフとの間で情報を的確に伝える役割を担うため、明確なコミュニケーション能力が必要となります。

特に、動画編集の現場では、具体的なビジョンを共有し、一体感を生み出すことが重要です。

そのため、誤解を招かない明瞭なコミュニケーションが求められるのです。

以上のスキルは、ディレクターとしての信頼を築き、プロジェクトを円滑に進めるための重要な要素となります。

③ディレクション力と企画力

動画編集ディレクターにとって、ディレクション力と企画力は必須のスキルです。

ディレクション力とは、具体的なビジョンを持ち、それをチームに伝えて共有し、制作を進める能力のこと。

動画編集の現場では、ディレクターが全体の進行を管理し、必要なリソースを適切に割り振る役割を担うため、高いディレクション力が求められます。

一方、企画力とは、視聴者が求めるコンテンツを創造し、それを形にする力。

動画編集ディレクターは、視聴者のニーズを捉え、それを動画という形で具現化するための企画を立てる必要があります。

これらのスキルは、ディレクターが動画制作を成功させるための鍵となります。

④創造力と責任感

創造力と責任感は、動画編集ディレクターに必要不可欠なスキルの一つです。

創造力は、視覚的なストーリーテリングで視聴者を引きつけ、感動させるために必要です。

一方で、責任感はプロジェクト全体を管理し、期限を守り、品質を保つために重要です。

動画編集ディレクターは、独自のビジョンを持ちつつも、クライアントのニーズに応え、チームを効果的に導くことが求められます。

これらのスキルは、経験とともに磨かれ、独自のスタイルを確立することで、他のディレクターと差別化し、市場で成功を収めることが可能となります。

動画編集ディレクターへの道3ステップ

ステップ

動画編集ディレクターになる方法は以下の3ステップです。

⇧各項目をタップすると、それぞれの詳細に飛びます。

以下で順番に解説します。

おかくん
おかくん

①動画編集者としてのスキルと実績を積む

動画編集ディレクターへの道を進むためには、まず動画編集者としてのスキルと実績を積むことが大切です。

動画編集スキルを磨くためには、Adobe PremiereFinal Cut Proなどの編集ソフトを使いこなせるようになることが必須です。

また、色彩感覚や音響知識も重要な要素。

さらに、多様なジャンルの動画を制作し、その中で良質な作品を生み出すことで評価を獲得することが求められます。

これにより、自らのスキルを証明し、信頼を得ることができるのです。

②ディレクション経験を積む

動画編集ディレクターへの進路では、ディレクション経験の積み重ねが重要となります。

この経験は、プロジェクト全体を見渡し、適切に指示を出す能力を養います。

また、チームメンバーとの円滑なコミュニケーションを通じて、プロジェクトの進行状況を把握し、必要な調整を行う力も身に付けることができます。

実際の現場でディレクションを行うことで、動画編集ディレクターとしての視点を磨くことが可能です。

初めは小規模なプロジェクトから始め、徐々に大きなプロジェクトのディレクションを任されるようになると良いでしょう。

③動画編集ディレクターに完全移行するタイミング

動画編集ディレクターに完全移行するタイミングは、個々により異なります。

一つの目安としては、動画編集スキルの習得ディレクション経験の充実が挙げられます。

これらが一定水準に達したと感じた時、ディレクターへのステップアップを考えてみても良いでしょう。また

  • 自身のアイデアを形にしたい
  • チームを率いてプロジェクトを進めたい

という意欲がある場合もディレクターへの移行を視野に入れるべきです。

ただし、ディレクターは責任も大きくなるため、自己管理能力が求められます。

自分自身を見つめ直し、ディレクターとしての適性を考えることも重要になります。

動画編集ディレクターのメリットとデメリット

メリットとデメリット

動画編集ディレクターのメリットとデメリットを解説します。

⇧各項目をタップすると、それぞれの詳細に飛びます。

以下で順番に解説します。

おかくん
おかくん

①ディレクターのメリット

動画編集ディレクターとして働くメリットは数多くあります。

まず、自身のビジョンを具現化し、視覚的なストーリーを創り出すことが可能となる。

動画編集に関する深い知識と技術を活かし、視聴者に感動や驚きを提供できるのは、この職種ならではの喜びでしょう。

また、ディレクターはプロジェクト全体を統括し、チームメンバーと協力しながら作品を完成させる役割を担います。

その結果、自分のアイデアが形になる瞬間を共有でき、チームでの成功体験を味わうことができます。

さらに、ディレクターとしての経験やスキルは、将来自身の制作会社を立ち上げる際にも役立つでしょう。

ディレクターを経験すると人間的にも成長できます。

おかくん
おかくん

②ディレクターのデメリット

ディレクターのデメリットとしては、まずプレッシャーが挙げられます。

全体の責任を背負い、多くの人々と協力しながらプロジェクトを進めるため、ストレスが大きいです。

また、クライアントやチーム内で意見が分かれた際には、最終的な決断を下す役割も担います。

そのため、失敗した場合の責任も大きく、結果を出すための強い責任感が求められます。

さらに、動画編集の技術だけでなく

  • 人間関係の管理
  • コミュニケーションスキルも必要

なため、多岐にわたるスキルを求められることもデメリットと言えるでしょう。

他の動画編集者を管理しないといけないのでかなり大変です。

おかくん
おかくん

動画編集ディレクターを目指すならスクール受講がおすすめ

動画編集のディレクターを目指すならスクール受講がおすすめです。

ディレクターになるためのポイントを学習できるので最短でなることができます。

ディレクターを目指せる動画編集スクールは以下の3つがおすすめです。

  • デジハク⇨動画編集初心者へのマンツーマンサポートが手厚い
  • studio US⇨最大50の動画を作る超実践型講座
  • Chapter Two⇨After Effectsをメインで学べる

いずれを選んでも動画編集者としてのスキルに加えてディレクタースキルも習得できます。

おかくん
おかくん

【まとめ】動画編集ディレクターへの第一歩を踏み出そう

以上、動画編集ディレクターについて解説しました。再度確認です。

  • ディレクターになるには動画編集者としての経験や実績が必須
  • ディレクターにはマネジメント能力が必要
  • 動画編集者の延長線上にディレクターの仕事がある

動画編集ディレクターへの第1歩を踏み出しましょう。

動画編集の副業で月10万円を目指す方法をまとめました。私が実際に達成した時に取り組んだ内容です。ぜひご覧下さい。

こちらもCHECK

動画編集副業の始め方3ステップ【初案件獲得までのロードマップ】
動画編集副業の始め方3ステップ【初案件獲得までのロードマップ】

動画編集の副業を始めたいあなたへ。当記事では副業で動画編集を始める方法を紹介しています。記事の内容を見ていただくだけで月5万円~10万円の副業収入が実現できるステップが分かりますよ。どうぞご覧下さい。

続きを見る

\ よかったらシェアしてね/