動画編集パソコン

【どっちがいいの?】HDDとSSD:賢い選び方の全知識

※アフィリエイト広告を利用しています

【どっちがいいの?】HDDとSSD:賢い選び方の全知識のサムネイル

HDDとSSDはどっちを使えばいいのでしょうか?

ぺんくん
ぺんくん

このような声にお応えして参考となる記事をご用意しました。

デジタルデータの保存に欠かせないストレージデバイス、HDDSSD

それぞれの特徴や性能はPCユーザーによって異なる影響を与えるため、どちらを選択するかは重要な問題です。

  • 読み書きの速度
  • 耐久性
  • 価格
  • 用途

などの様々な角度から、HDDとSSDを深堀りし、最適なデータ保存ソリューションの選択をサポートします。

本記事では、

  • 基礎知識
  • 技術的違い
  • 購入を考える際のヒント

まで、幅広く解説していきます。

HDDにもSSDにもそれぞれのメリット・デメリットがあります。

おかくん
おかくん

この記事で分かること

  1. HDDとSSDどっちがいいのか?
  2. HDDのメリットやデメリット
  3. SSDのメリットやデメリット など

\購入は簡単!/

ASUSの公式サイトはこちら

※セール開催中!

ポイント

2023年以降は基本的にSSDを選択するのがおすすめ。

しかし、4TBを超えるSSDは比較的高価(30,000円を超える)なので、

  • テレビ番組の保存
  • 動画の保存

など、大容量の保存目的の場合はHDDも選択肢に入れると良い。(16TB:30,000円~)

ストレージ選びで迷うHDDとSSD、選択するにはそれぞれの特性を詳しく知ることが重要です。

  • データの保存方法
  • 速度
  • 価格
  • 耐久性

などに違いがあるので使用目的に最適な選択を行うための情報を以下の通り提供します。

⇧各項目をタップすると、それぞれの詳細に飛びます。

以下で順番に詳しく解説します。

おかくん
おかくん
HDDの画像

HDD(ハードディスクドライブ)は磁気を利用してデータを記録する伝統的なストレージデバイスです。

物理的な回転ディスクに磁気ヘッドが読み書きを行うため、SSDに比べて読み書き速度が遅い傾向にあります。

しかし、大容量で低価格が魅力的で、バックアップやアーカイブ用途に向いています。

M.2SSDの画像

SSD(ソリッドステートドライブ)はNAND型フラッシュメモリを使用し、部品に動く部分がないため衝撃に強いです。

  • 読み書き速度が高速
  • 消費電力も少ない

などの理由から

  • 起動時間の短縮
  • アプリケーションの読み込み時間を速くしたい

場合に適しています。

HDDは容量あたりのコストが低く大容量のデータを保存するのに適しています。

対してSSDは価格が高めですが、近年はその価格差が縮小しつつあります。

予算や必要容量を考慮した上で、コストパフォーマンスに優れる選択をすることが肝心です。

SSDはHDDに比べて大幅に高速な読み書きが可能です。

特にシステムの起動やアプリケーションのロード時間では明らかなな差が生まれます。

操作の応答性を重視するユーザーにとって、SSDの速度は大きなアドバンテージです。

HDDは動く部品があるため、衝撃に弱く機械的故障のリスクがあります。

一方でSSDは動く部品がなく、環境に左右されにくいため、耐久性に優れ信頼性が高いとされています。

ただし、SSDにはデータの書き換え回数に制限があり、寿命には注意が必要です。

データの保存やシステムの利用方法によって、HDDとSSDのどちらを選ぶかが変わります。

  • 大量のデータをコスト効率よく保存する場合はHDD
  • システムの高速性を求める場合はSSD

が適しているので、使用用途に応じた選択が重要です。

2020年以降のパソコンやPS5などには標準でSSDが搭載されています。

おかくん
おかくん

ゲームの起動やロード時間の短縮はゲーマーにとって重要な要素です。

SSDはその高速読み書き能力により、ゲーミングPCにおいて圧倒的なパフォーマンスを提供します。

多くの場合、

  • システムとゲームのインストールにはSSD
  • セーブデータなどのその他の保存にはHDD

を組み合わせる構成が推奨されます。

ゲーミングPCでスト6をやるならSSD一択です。

おかくん
おかくん

持ち運びや落下などのリスクを考慮すると、ノートPCではSSDの耐久性が特に重要です。

デスクトップの場合は、拡張性や大容量のニーズに応えやすいHDDも選択肢に入ります。

バランスが求められる場合は、両方を上手く組み合わせるハイブリッドな選択も考慮に値します。

ポイント
  • HDD(ハードディスクドライブ)
  • SSD(ソリッドステートドライブ)

は、ともにコンピュータにおける重要な記憶装置です。

これらの技術的違いは

  • 速度
  • 耐久性
  • 価格

など多岐に渡りますが、最も顕著なのはデータの記録・読み取り方式にあります。

HDDは磁気を使って、物理的に回転するディスク上にデータを読み書きするのに対し、SSDは半導体チップに電気を通すことでデータを保持します。

以下ではディスクの技術的な違いについて解説します。

⇧各項目をタップすると、それぞれの詳細に飛びます。

以下で順番に詳しく解説します。

おかくん
おかくん

HDDは磁気ディスクを利用した記憶メディアで、磁気ヘッドが回転するプラッタにデータを読み書きします。

この構造から生じる機械的な動きは、衝撃に弱く長いアクセスタイムを要します。

一方で、SSDはフラッシュメモリという非揮発性の半導体チップを用い、物理的な動きがないため高速なデータアクセスが可能で、衝撃にも強いという利点があります。

また、HDDと比較してSSDは消耗しにくいため寿命が長いとされていますが、書き込み回数には限界がある点には注意が必要です。

HDDとSSDはどちらも

  • SATA
  • NVMe

などのインターフェースを用いてコンピュータに接続され、データの送受信を行います。

SATAは従来の接続方式であり、HDDとSSDの双方で広く使われていますが、データ転送速度の上限が低めです。

一方、NVMeはPCIe経由で接続され、より高速なデータ転送が可能となっています。

特にSSDはその速度を生かすために、NVMe接続が好まれます。

しかしながら、古いシステムではNVMeに対応していないこともあるため、互換性を考える必要があります。

キャッシュメモリはHDDとSSDの性能に直接的な影響を与える要素です。

このメモリは、

  • 頻繁にアクセスされるデータ
  • 次に読み込む可能性の高いデータ

を一時的に保存しておくために使われ、データアクセスの速度を向上させます。

SSDの場合、

  • DRAM
  • SLC

といった高速なメモリが積極的に利用され、特にランダムアクセスのパフォーマンスが大幅に改善されることが一般的。

HDDではキャッシュメモリが小さいため、SSDと比べるとその効果は限定的です。

HDDは磁気ディスクの回転やヘッドの動作に電力を必要とし、常に一定以上の電力消費があります。

対してSSDは、データへのアクセス時以外は消費電力が非常に小さいため、

  • 携帯ゲーム
  • スマホ

など、モバイルデバイスなどの電源に限りがある環境ではSSDの方が適しています。

これがバッテリー駆動時間の延長に寄与し、エネルギー効率の高いシステム構築が可能となります。

HDDは内部のプラッタが高速で回転し、読み書きする際に磁気ヘッドが移動することで騒音や振動が発生します。

これが静音性を求める環境や振動が許されない精密機器への利用に制限をもたらす場合があります。

一方SSDは機械的な移動部分がなく、静かで振動も起こしません。

このため、静音性が必要なライブラリーや録音スタジオなどでの利用が推奨され、安定した性能を提供します。

解決策

新しいデバイスの購入は慎重な検討を必要とします。

財布とニーズに合わせて最適な選択肢を見極めなければなりません。

この章では、購入を検討する際に忘れてはならない下記の点を解説します。

⇧各項目をタップすると、それぞれの詳細に飛びます。

以下で順番に詳しく解説します。

おかくん
おかくん

新しいデバイスへの乗り換えを検討する際、既存のデータを安全に移行するためには、しっかりとしたバックアップ計画が必要です。

データの損失は大きなリスクを伴うため、

  • クラウドサービス
  • 外部ストレージ

による定期的なバックアップが重要となります。

データ量に応じてバックアップの方法や頻度を決め、もしもの事態が起きた場合にも冷静な対応ができるよう、事前の準備を整えるべきです。

バックアップは購入時はもちろん、その後の使用期間中も継続して行わなくてはなりません。

デバイス間でのスムーズなデータ移行は、時間節約にも繋がります。

大量のデータを扱う場合、移行ツールやサービスを適切に選択することがカギになります。

古いデバイスのデータを整理し、移動しなくてはならないファイルを抽出する作業は、新しいデバイスの運用を始める前に必要です。

移行作業が複雑にならないよう、互換性のあるフォーマットでデータを整理し、移行手順を事前に理解しておくことが肝心です。

購入時には、デバイスが搭載するオペレーティングシステム(OS)のサポート状況を把握することが肝要です。

サポートが終了しているOSはセキュリティリスクを高める原因となり得ます。

さらに、新しいソフトウェアやアプリケーションが正常に動作するためには、OSのアップデートが不可欠です。

購入計画では、継続的なセキュリティアップデートや機能改善のためのサポート対応を確認しておくべきです。

将来のニーズに対応できるデバイス選びも重要です。

メモリやストレージといった部品の交換が容易なモデルは、長期間にわたってデバイスを活用するための選択肢となり得ます。

購入時点で最新のスペックを持つ製品を選ぶのも有効ですが、アップグレードの余地を持った製品を選ぶことで、将来的に発生する更なるニーズにも柔軟に対応することができます。

購入するデバイスには保証が付いていますが、その内容には多様性があります。

故障した際の修理サービスや、技術的な支援がどの程度受けられるかは、デバイスの信頼性に直結します。

また、気軽に利用できるカスタマーサポートがあると、何か問題が起きたときの安心感が違います。

充実した製品保証とサポート体制を有している製品を選ぶことは、長期間の使用を想定すれば、より賢い選択と言えるでしょう。

メリット

ストレージやメモリなどのコンピュータリソースを選ぶにあたり、必要な容量と予算は重要な決定要素です。

大容量が常に良いわけではなく、価格とのバランスを取りつつ最適な選択をする知恵が必要です。

容量と価格の判断方法などを以下に分けて解説します。

⇧各項目をタップすると、それぞれの詳細に飛びます。

以下で順番に詳しく解説します。

おかくん
おかくん

商品を選ぶ際、最も良いコストパフォーマンスを実現するためには、投資する金額が生み出す価値を正確に把握する必要があります。

例えば、高価格帯の製品が最高の性能を提供する一方で、必要以上の機能に対して余分な費用を支払うことになるかもしれません。

反対に、安価な製品で十分な場合、それ以上の出費は無駄になる可能性があります。

ここでは、実際のところ必要十分な性能とは何か、そしてそれに見合った価格はどの程度か、について検証していくべきです。

製品を購入する際、必要な容量は用途によって大きく異なるため、計画的に決める必要があります。

大容量を持つ製品は魅力的かもしれませんが、実際の使用用途でその全容量を利用することは稀です。

データ保存のためのドライブを選ぶ時、文書作成や軽いウェブブラウジングが主ならば小さい容量でも十分かもしれません。

しかし、ビデオ編集や大量のデータを扱う仕事を行う場合は、高い容量が要求されます。

将来的な使用の増加も考え、余裕を持って選択することも大切ですが、不必要な容量に対して多くの費用をかけるのは避けたいところです。

容量と価格のバランスを取りながらも、将来的な視点を持って製品を選ぶことは先見性がある行動です。

現在のニーズに合わせて購入したとしても、数年後に拡張が必要になる可能性を考慮しましょう。

たとえば、ストレージなら追加購入や交換が可能な製品を考えると安心です。

容量を事前に見積もり、将来の使用量の増加が予想される場合は、今のうちから拡張性を持たせた製品を選択することが重要です。

そうすることで、長期的な視点から見てコスト効率に優れた投資となるでしょう。

市場の動向と価格の変動には常に気を配る必要があります。

新技術の登場や需要の変化は価格に大きな影響を与えます。

時には新しい技術が普及し始めると旧来の製品が手頃な価格で手に入るようになったり、季節やキャンペーンによって一時的に価格が下がる場合があります。

これらの動向を注視し、最適なタイミングで購入を検討することが、良い条件で必要な容量の製品を手に入れる一助となります。

市場調査を行い、価格が下がりそうな兆しや、新製品の発表が予想される時期を把握しておくことが望ましいです。

パソコン機器の画像

デジタルデバイスにおける格納メディアとして、SSDとHDDは異なる特性を持っています。

特定の用途においてそれぞれのメディアの適性を見極めることが重要です。

高速アクセスが求められる場面や、振動・衝撃に強い特性が必要なシチュエーションではSSDが有利です。

一方で、大容量データの長期保管やコストパフォーマンスを考慮する必要がある時はHDDが優れた選択肢となることもあります。

以下の5つに分けて解説します。

⇧各項目をタップすると、それぞれの詳細に飛びます。

以下で順番に詳しく解説します。

おかくん
おかくん

マルチメディア編集作業では、高速なデータアクセスが求められます。

大量の写真や動画の読み書きは、処理速度を要するためSSDの使用が一般的です。

SSDはランダムアクセスにおいても優れた速度を誇り、複数のファイルを同時に扱う編集作業の効率を向上させます。

また、動画編集などの作業においては、SSD特有の低いレイテンシーが滑らかなプレビューを可能にし、作業中のストレス軽減にもつながります。

ただし、高解像度のメディアファイルは非常に大きな容量を占めるため、大容量のSSDやHDDとの併用が現実的な解決策となるでしょう。

サーバーやデータセンターでは大容量のデータ保管が必要とされるため、伝統的にHDDが使用されてきました。

長期保存のためのコスト効率と大容量性がHDDの強みです。

しかし、高速データアクセスが必要なデータベースなどの用途では、SSDが選ばれることもあります。

また、企業の重要なデータを保管するストレージにおいては、信頼性や耐久性が特に重視されます。

この点においても、動作中の内部部品がなく、衝撃に強いSSDは高い信頼性を提供します。

運用コストや用途に応じて、これらのメディアの使い分けが行われています。

モバイルデバイスには、SSDが最適です。

  • 携帯電話
  • タブレット
  • ノートパソコン

などの移動中に使用されるデバイスでは、耐衝撃性と軽量性が不可欠です。

HDDは動く部品を多く持ち、衝撃に弱いため、移動中の使用には不向きです。

SSDは半導体で構成されているため、衝撃に強く、また省電力のためバッテリー持続時間の向上にも寄与します。

デバイスの薄型軽量化にもSSDは貢献しており、そのため現在では多くのモバイルデバイスがSSDを搭載しています。

バックアップ用ストレージとしての適性を考えると、定期的にアクセスし、安定した長期保管が求められることから、HDDが選ばれることが一般的です。

大容量データを効率良くコストを抑えて保存できる点はHDDの大きなメリットです。

ただし、災害や事故に備えて、より信頼性の高いストレージが必要な場合は、衝撃や振動への耐性が高いSSDを選択することもあります。

バックアップデータの安全を確保するためには、両方のメディアを適切に使い分けることが望ましいでしょう。

起動ドライブとしてSSDを使用すると、OSの起動時間が大幅に短縮されます。

アプリケーションの起動速度も向上し、全体的なシステムの応答性が高まるため、作業効率が改善されます。

SSDは

  • データアクセス時間が短い
  • ランダムアクセス性能が高い

ため、多くの小さなファイルへの迅速なアクセスが求められるシステムドライブとして最適です。

逆にHDDは、SSDと比較して起動に時間がかかる傾向にありますが、コストパフォーマンスに優れた大容量ストレージとして二次的なドライブや、データドライブとして使用されることが多いです。

emmcの画像

固定式記憶装置としての

  • SSD(ソリッドステートドライブ)
  • HDD(ハードディスクドライブ)

は、異なる技術をベースにしているが、それぞれに独自の進化と将来性を有している。

SSDの速度と耐久性は注目に値し、HDDは大容量かつコストパフォーマンスに優れる点で選ばれている。

以下ではハードディスクの将来性に関して以下の通り解説します。

⇧各項目をタップすると、それぞれの詳細に飛びます。

以下で順番に詳しく解説します。

おかくん
おかくん

SSDはその小型かつ高速アクセスにより、多くの新型コンピュータやモバイル機器で採用されている。

NAND型フラッシュメモリ技術の発展によって、将来的にはより高速で大容量のSSDが生産されるであろう。

一方HDDは、記録密度の向上や省エネ技術の導入に努めており、大容量データの保存が必要な分野での需要は継続する見込みである。

どちらの技術も今後も進化を続け、データに対するニーズに応じて使い分けられるだろう。

HDDに対してSSDは動作部品が少なく、消費電力が低いため環境への負荷が小さい。

SSDの普及により、データセンターなどでのエネルギー消費が削減されるとともに、騒音や熱問題も緩和される効果が期待される。

ただし、SSDの製造過程で使用される稀少素材や廃棄時のリサイクルの難しさは、エコロジー面での課題となっている。

技術の進歩はこれらの問題にも対応し、より環境に優しい製品開発が求められている。

データの安全性は記憶装置にとって極めて重要である。

SSDにはHDDとは異なるデータ消失のリスクが存在し、使用寿命や電力喪失時のデータ損失問題を抱えているが、暗号化技術の進化や耐久性の向上でこれらを克服しつつある。

HDDでは物理的な故障によるデータ喪失のリスクが高いが、バックアップ技術の進化や冗長性を高めることで対策が講じられている。

次世代ストレージ技術は

  • 高速なデータアクセス
  • 大容量
  • エネルギー効率の良さ
  • 安全性の確保

といった点で革新をもたらすことが期待される。

5GやIoT時代の到来に伴い、データ量の急増に対応するためには、既存のSSDやHDDの枠を超えた新たな記録媒体の開発が課題となる。

メモリの非揮発性化や新素材の探索など、研究開発の成果が期待される分野であり続けるだろう。

ヒントの画像

ストレージ選定プロセスは、さまざまな要因を考慮した上での意思決定が必要です。

使用目的やデータ量の見積もりはもちろん、将来の拡張性やセキュリティの要件、さらにはコストパフォーマンスも重要視されます。

ここでは、最適なストレージを見極めるための幾つかの鍵となる考慮点について以下の通り探求します。

⇧各項目をタップすると、それぞれの詳細に飛びます。

以下で順番に詳しく解説します。

おかくん
おかくん

ストレージを選ぶ際には、利用シーンの幅広さを考慮することが求められます。

個人利用であれば、USBメモリや外付けHDDといったシンプルな選択で足りることもありますが、動画編集や大量のデータを扱う場合は高速かつ大容量なSSDが適切でしょう。

一方、企業においては、信頼性や拡張性、運用コストといった要素が重要になります。

中でもデータセンターでは、NASやSANといったネットワークストレージの導入により、多くのユーザー間でのデータ共有やバックアップの効率化を図ることが可能です。

また、クラウドストレージはリモートアクセスと拡張性の面で有利であり、これらが適切に組み合わせられることで、幅広いシナリオにおいて効率的なストレージ環境を構築できます。

ストレージは単なるデータ保存の場ではなく、長期的な投資と捉えるべき資産です。

現時点のニーズに合わせるだけではなく、将来のデータ成長を見込んで選ぶ必要があります。

高い耐久性とデータ保護機能を備えたストレージは初期投資が大きくなる場合がありますが、長い目で見ればデータ喪失による損失を予防し、総所有コスト(TCO)を低減させることに貢献します。

加えて、省エネルギー性能やメンテナンスの容易さも後に影響を与える要素であり、ストレージ選定は長期的な視野に立って進めるべきです。

こうした観点から、企業レベルではしばしばリースやサービスとしてのストレージ(STaaS)が活用されることもあります。

データ管理には、ストレージの選定だけでなく、運用面でもベストプラクティスが存在します。

例えば、データの重要性やアクセス頻度に応じて異なるタイプのストレージに振り分ける階層型ストレージ管理(HSM)は、コストを抑えつつ効率的なデータ利用を可能にします。

また、適切なバックアップと障害対応はデータの安全性を保ちます。

さらに、データ量が拡大する中で、自動化やAIによるデータ管理の最適化は、運用の複雑化を防ぎ、正確かつ迅速なデータ処理を促進します。

これらは全て、堅牢で信頼性の高いストレージ基盤が前提となります。

そのため、データの利用価値を最大化するためのベストプラクティスの習得と、それを支えるストレージの選択に注力する必要があります。

最適なストレージソリューションを選定するためには、現在の環境と将来の計画を分析することが肝要です。

セキュリティやコンプライアンス、パフォーマンス要件を満たすストレージの特定から始めることが重要です。

さらに、データ移行の容易さやスケーラビリティも考慮することで、継続的なビジネス成長に柔軟に対応し、テクノロジーの進化に遅れることなく、常に最先端のソリューションを取り入れることができます。

すべての選択肢を検討することで、期待される成果と投資収益率(ROI)を最大化するストレージ戦略を策定可能です。

ストレージ選択は、単に現時点で最もコスト効率の高いオプションを選ぶだけではなく、ビジネスの将来像を考慮し、総合的な判断が求められるタスクです。

今後の技術革新や市場動向を予測するには、業界のトレンドを常に監視し、新たなストレージ技術のニュースや開発にアンテナを高く保つことが大切です。

また、その上で、自社の戦略やニーズと照らし合わせて適切なストレージソリューションを選択しつつ、将来の技術移行への準備も同時に計画しておくことが、適切なストレージ環境の構築と、ビジネスの継続的な成長に貢献します。

【まとめ】HDDとSSDは使う用途で決めよう

新品のデスクトップパソコン

HDDとSSDについて解説しました。再度確認です。

  • 基本的にはSSDを選択するのがおすすめ
  • 動画などの大容量データはHDDがコスパ良くおすすめ
  • 用途に応じて決めるのがおすすめ

HDDとSSDを上手く併用して活用しよう。

\購入は簡単!/

ASUSの公式サイトはこちら

※セール開催中!

\よかったらシェアしてね/